市民フォーラム

  • HOME
  • 市民フォーラム

PDM札幌の市民フォーラムの始まり

PDM札幌の市民フォーラムの始まり

PDM札幌では破折歯の治療の実績を重ねる中、患者様たちにも割れた歯を治す治療について知って頂くため、2013年から患者様向けのセミナーを始めました。
これが市民フォーラムの始まりです。

市民フォーラムの理念

市民フォーラムの理念

市民フォーラムの目的は、患者様に「割れた歯が治る」ということを幅広く知っていただく事に有ります。詳しくわからなくても記憶の片隅にでも残して頂くだけで充分です。
市民フォーラムに来た方がいつか歯が折れた時に、「折れた歯が治ると聞いた覚えがある」と思い出して頂ければ、インターネットで検索すれば我々PDM札幌のメンバーの歯科医院を見つけることができます。

でも「割れた歯が治る」と聞いたことがなかったら、たまたま受診した歯科医院で「この歯は割れているから抜くしかないです」と言われたら、他の選択肢があると知らずに歯を抜かれてしまいます。

PDM札幌では歯科医師向けの講習会も開催していす。歯科医師向けに治療技術を普及して、割れた歯を治せる歯科医院の数を増やす必要があります。
しかし現在は多くの歯科医師が「割れた歯は治らない」という考えのもとに治療が行われているので、歯科医師向けに講演会を開催しても破折歯の治療はなかなか普及が進みません。

そこで歯科医師向けの講演会と並行して、患者様にも広く告知して、治療を希望する患者様が増えるような活動を始めたのです。
患者様から歯科医師に「割れた歯も治療ができると聞いた」という意見が出ると、歯科医師も本腰を上げて治療に取り組むようになります。
歯科医師と患者様の双方に働きかけていくことで社会の流れを変えて、割れた歯が治せるという時代を築き上げていきたいと考えています。

取り組み

2013年に始まった市民フォーラムは年に2回ずつ、昨年と一昨年のみ1回開催になっています。ご参加いただいた市民の皆様は1回あたり30人ほどで、延べ人数で400人ほどになりました。今後も1年に1回ぐらいのペースで開催していく予定です。

市民フォーラムの告知は北海道の地元紙である北海道新聞と読売新聞に広告を出し、札幌駅の駅前にある札幌エルプラザで開催しています。
セミナー参加者は女性が多いです。これは現役世代の男性はご自身の健康に関心が薄く、セミナーなどに割く時間がないことに起因しています。男性の参加者はお仕事を引退された後の世代の方が多いです。男性の皆様もご自身の身体て健康に関心を持ってほしいものです。

「割れた歯が治る」ことに興味のある方はぜひご来場ください。
次回の開催が決まればこのホームページでも告知いたします。

もう一つの夢

PDM札幌のもう一つの夢は、「札幌を、割れた歯が治る先進地帯にしてしまおう」ということです。

現在のところ破折歯の治療は十分に普及しているとは言えない状況です。
でも割れた歯が治せると聞いたことがあるという方が増え、お友達から聞いたことがあるという方が現れ、さらにSNSで拡散していくなどの方法で世の中に広まっていくと、どこかで時代が大きく変わるのではないかと考えています。
治りたいと切望される患者様が増加し、治してあげたいと思う歯科医師が増加する。
そして一人でも多くの患者様の歯を抜かないで治療できる日がくれば良いと我々は考えています。

実は札幌には、眞坂先生の教えを受けて破折歯の治療を行う歯科医が相当数います。
いっそのこと札幌が折れた歯を治す先進の地になって、「札幌で歯医者さんにかかれば折れた歯が治るんだよ」と言われるぐらいに、折れた歯を治す治療がごく普通の治療になっていくことを切望しています。

pagetop